トップページ >> 活動報告 >> 正法寺、宗蓮寺へ団体参拝

活動報告

正法寺、宗蓮寺へ団体参拝

正法寺へお参り

正法寺は開堂400年の古い歴史を持つお寺です。地域の方々からも庚申様と呼ばれ親しまれております。庚申さまとは、帝釈天のことです。しかしながら現在は無住職のお寺となり、ほとんどお参りが無いそうです。お寺は、老朽化が進み補修が必要な状態です。

正法寺とのご縁は当寺の住職が1年前からありまして、毎月お経をあげに来られております。そして、お約束の一年が今月でございまして、最後のお参りを信者さんと一緒にさせていただこうとなりました。

帝釈天のご加護

みんなでお経をあげますと、帝釈天様が一年間の労をねぎらい、本日のお参りの方々を守ると言われました。


しかしながら岡山にもこういった無住のお寺が増えて参りまして、他のお寺の住職が兼務するという形のお寺が増えております。こういった問題も今の仏教界には浮上してきております。

宗蓮寺様参拝

宗蓮寺様は、当寺ととてもご縁が深いお寺様です。現在住職を引退された前住職様(ご院首)にはインド分院の3周年で導師をしていただき、様々な事でお世話になっております。さらには、現住職様とは、東日本大震災慰霊碑の開眼修法導師をつとめていただき、昨年度、安森両上人と共に荒行堂に5回目の入行をされました。

そういった深いご縁のある宗蓮寺様は、お寺はきれい、御住職はかっこいい、ご院首様は僧侶としての心構えが素晴らしい、お寺を支える大奥様、奥様共に気遣いが素晴らしい、次世代を担う子供への教育機関である子供会など地域活動が活発、という5Kの素晴らしいお寺でございます。

岡山市重要文化財の毘沙門天像

宗蓮寺様には秘仏があります。岡山市重要文化財の毘沙門天像です。こちらの像は鎌倉時代から室町時代の間に制作されたものです。国宝にならなかったのは、誰が彫った物かの名がないかららしいのです。

ということは国宝級の仏像です。

一年に一回2月の第2日曜日のみ御開帳されるだけなんですが、今回は特別に御開帳して頂き、みなさんで感動の対面を果たしました。感謝です。

人間の価値はその人の心で決まる

そしてもう一つ特別なことがありました。めったにご法話をされないご院首様のご法話を1時間も聞かせて頂きました。

二十代という若さで住職になられたご院首様は色々な体験、苦労を重ねて来られたお方です。そんな体験をされてこられた方のお話はユーモアあり、説得力のあるお話でとても感動いたしました。

人間の値段はいくら?というお話の中で、人間を形成している成分はバケツ二杯分の水、安石鹸6個分の脂肪など合計しても700円くらいなのです。ですが、人間は心があり、人の役に立つことをする人、目標をもって努力する人、人の幸せのために行動する人などは、何十万、何百万もの価値があるが、自分のことしか考えない人、努力をしない人などは700円以下の価値しかありません。ととても有難く、私達にとって大切な事を聞かせて頂きました。

参加した信者さん、みなさん楽しく充実した参拝だったと言われました。宗蓮寺様ありがとうございました。